不動産豆知識

不動産用語絶対高さ制限(ぜったいたかさせいげん)

第1種および第2種低層住居専用地域には、隣地斜線制限がない代わりに建築物の絶対的な高さの制限がある。
数値は10mまたは12mで、各地域の都市計画によって決められている。
高さの限度が10mの地域では、一定以上の敷地面積があり、かつその敷地内に空地を有するなど、低層住宅の環境を害する恐れが ないと認められれば12mまでの緩和もある。一方、限度12mの地域では日陰規制が強化されるなど総合的に運用される。

  • 不動産用語辞典に戻る不動産用語辞典に戻る
  • 不動産豆知識に戻る不動産豆知識に戻る