不動産豆知識

不動産用語準防火地域(じゅんぼうかちいき)

火災が発生した場合でも延焼速度を遅くし、市街地の防火に役立てることを目的として指定される地域。4階建て以上の建物はすべて耐火建築物としなければならないが、3階建て以下の場合は規模によって準耐火建築とすることもできる。
準防火地域内に延べ床面積500平方メートル以下の木造3階建て住宅を建てるときは、外壁や軒裏を防火構造とするなど、主要構造部・開口部に関する一定の基準を満たさなくてはならない。

  • 不動産用語辞典に戻る不動産用語辞典に戻る
  • 不動産豆知識に戻る不動産豆知識に戻る